【日本未発売】 【送料無料】 175/55R15 15インチ WEDS ヴェルバ スポルト2 5.5J 5.50-15 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02CK サマータイヤ ホイール4本セット-サマータイヤ・ホイールセット

ケンウッドDRV-650ドライブレコーダー【あす楽対応_関東】【送料無料】【受注生産】Vivie FenneComp

【日本未発売】 【送料無料】 175/55R15 15インチ WEDS ヴェルバ スポルト2 5.5J 5.50-15 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02CK サマータイヤ ホイール4本セット-サマータイヤ・ホイールセット

【送料無料】 175/55R15 15インチ WEDS ヴェルバ スポルト2 5.5J 5.50-15 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02CK サマータイヤ ホイール4本セット






ホイール

WEDS ヴェルバ スポルト2

ホイールサイズ

5.50-15

HOLE/PCD インセット

F:4H/100
【インセットについて】
ご登録頂いたお車に適合するサイズをご用意させて頂きます。
ご指定がある場合は備考にご記載下さい。
※一部限定品など、ご指定頂けない場合がございます。

ホイールカラー

ディープメタル2

タイヤ

上記よりお選び下さい

タイヤサイズ

175/55R15


セット内容


タイヤ&ホイール4本セットの価格です。タイヤ・ホイールの組み込みとバランス調整後に発送いたします。
@SET


参考適合車種


ルーミー・タンク・ジャスティ・トール・パッソ







装着適合確認について






適合車種に掲載されている車種でも、年式・型式・グレードによっては装着サイズが異なる場合がございます。 標準装着サイズよりインチを下げる場合はキャリパー干渉の恐れがございますので、オススメ致しておりません。 オフセット等、お車とのマッチングについては、ご注文の際に弊社からご案内させていただきますので予めご了承願います。(ご指定のサイズがある場合、ご注文の際、入力お願いします。)
ホイールによりキャリパークリアランス・ハブ高・インセット(オフセット)等異なります。適合車種掲載車両でも、装着出来ない場合もございます。また車両の加工・調整が必要な場合もございます。詳しくは問い合わせ下さい。 ご購入後の返品や交換お受け出来ませんのでご注意下さい


納期について


商品により完売・欠品の場合もございます。また、お取り寄せに時間のかかる商品もございますので、お急ぎの場合は予めお問合せ下さい。




特記事項




商品代金には追加オプション(ナット等)の金額は含まれておりません。ご注文後に、弊社より合計金額をご案内致します。ご注文の際には、車種名・年式・型式・グレード・ノーマル車高かローダウンか等、出来るだけ詳しくご入力お願い致します。
掲載している商品画像はイメージです。ホイールのサイズやインセットなどにより、リム幅やセンター部の落ち込み寸法は異なります。画像と現物のイメージ相違によるお取替えや返品は承ることは出来ません。 WEBにてご購入商品の実店舗でのお受け渡しは行っておりません。



お問い合わせ



お電話でのお問い合わせ
E-mail rakuten-outlet@fujicorporation.ne.jp

※商品番号は(fuji-11401-109503-28924-28924)です。
小さなアリから、大きなゾウまで
クリエイターが求める動物たちの動きと姿
私たちは動物を扱うプロとして

CAMPER [カンペール]KOMEリュック カンペール バッグ リュック/バックパック ネイビー【送料無料】

映像業界を始め有名アミューズメント施設での動物エンターテイメントに至るまで、動物クリエイターとして幅広い活動を展開する動物プロダクション。

幼稚園や小学校、自治体など子供達と動物との触れ合いをサポートする移動動物園。豊かな心を育む「街・人・動物・自然」の架け橋としてサイエンスファクトリーとアニマルプランニングが運営しています。

Ain Soph (U)メッシュ長財布 アインソフ 財布/小物 財布 ベージュ ブラウン【送料無料】

映像制作におけるガイドラインについて…

アメリカ映画で、動物を使用している作品の場合「この映画を製作するにあたり
いかなる動物虐待も行われていない」というテロップや「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」などのエンド・クレジットの免責文言を見ることが多いと思います。
アメリカには古くから「動物虐待をしていない」ことを認証するNGOの動物福祉団体が存在し、
動物の取扱いに関する基準や動物の安全使用のためという映像制作におけるガイドラインが存在します。 

これらのシステムが本来の動物を保護するという趣旨に基づいて
本来の役割どおりに完全に機能しているかどうかは定かではありませんが
映像制作の現場に対して何の規制や順守義務も持たない日本の現場よりは動物たちの安全は勿論、
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の立場も本当の意味で守られて行くのではないかと思っています。

私たちは“動物プロダクション”として、動物を扱うプロとして
私たちにできる事からはじめて行きます。