専門ショップ Mark Nason メンズ 男性用 シューズ 靴 ブーツ レースアップ Briggs - Wine-その他

日本製 連結ベッド 照明付き フロアベッド ワイドキングサイズ230cm(SS+D)(ボンネルコイルマットレス付き)『NOIE』ノイエ ホワイト 白 【代引不可】ASLEEP アスリープ ベッドフレーム キングサイズ チボー FYAP3BDC ナチュラル 脚付き アイシン精機 ベッド(代引不可)【送料無料】

専門ショップ Mark Nason メンズ 男性用 シューズ 靴 ブーツ レースアップ Briggs - Wine-その他

Mark Nason メンズ 男性用 シューズ 靴 ブーツ レースアップ Briggs - Wine





こちらの商品は Mark Nason メンズ 男性用 シューズ 靴 ブーツ レースアップ Briggs - Wine です。

商品は弊社アメリカ支社からの取り寄せとなります。あす楽、代引きでの発送はお受けできません。
注文後のサイズ変更・キャンセルは出来ませんので、十分なご検討の上でのご注文をお願いいたします。

※靴など、オリジナルの箱が無い場合がございます。ご確認が必要な場合にはご購入前にお問い合せください。
※画面の表示と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
※ご入金確認後、商品の発送まで1から3週間ほどかかります。
※アメリカ商品の為、稀にスクラッチなどがある場合がございます。使用に問題のない程度のものは不良品とは扱いませんのでご了承下さい。



━ カタログ(英語)より抜粋 ━

Refine your sleek look with the Mark Nason(TM) Bennson boot.
Polished leather upper with contrasting cuff.
Full side-zip closure.
Lace-up design offers a secure fit.
Rounded cap toe.
Mid-top construction.
Lightly padded tongue and collar.
Rear pull-tab offers easy entry.
Breathable fabric lining.
Memory Foam Lux(TM) cushioned insole lends to added comfort.
Flexible rubber outsole.
※掲載の寸法や重さはサイズ「10.5, width D - Medium」を計測したものです. サイズにより異なりますので、あくまで参考値として参照ください.
Weight of footwear is based on a single item, not a pair.
実寸(参考値):
Weight: 約 740 g
Shaft: 約 15.88 cm
小さなアリから、大きなゾウまで
クリエイターが求める動物たちの動きと姿
私たちは動物を扱うプロとして
【送料無料】腕時計 ウォッチ ブライトリングbreitling callisto b57045 あらゆる映像制作に本物のリアリティを提供します

ムラテック TS2700Zトナーお買い得2本セット【リサイクルトナー】【即日出荷】【送料無料】【MFX-2700/MFX-2715】※ご注文前に在庫の確認をお願いします

映像制作用 生体貸出し

映画やドラマ、PVやCM撮影のほかフォトセッションなどあらゆるニーズに対応します。 MICHAEL KORS(マイケルコース) トートバッグ ピンク×白×黒 レザー【中古】

演出用 調教訓練

映像やスチール撮影で求められる演出用に、生体の調教訓練を行います。 NEC トナーカートリッジ PR-L5000-11お買い得2本セット【純正品】【翌営業日出荷】【送料無料】【MultiWriter 5000N】

幼稚園や小学校、自治体など子供達と動物との触れ合いをサポートする移動動物園。豊かな心を育む「街・人・動物・自然」の架け橋としてサイエンスファクトリーとアニマルプランニングが運営しています。

ガガミラノ GAGA MILANO / 腕時計 #5091.06-N

映像制作におけるガイドラインについて…

アメリカ映画で、動物を使用している作品の場合「この映画を製作するにあたり
いかなる動物虐待も行われていない」というテロップや「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」などのエンド・クレジットの免責文言を見ることが多いと思います。
アメリカには古くから「動物虐待をしていない」ことを認証するNGOの動物福祉団体が存在し、
動物の取扱いに関する基準や動物の安全使用のためという映像制作におけるガイドラインが存在します。 

これらのシステムが本来の動物を保護するという趣旨に基づいて
本来の役割どおりに完全に機能しているかどうかは定かではありませんが
映像制作の現場に対して何の規制や順守義務も持たない日本の現場よりは動物たちの安全は勿論、
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の立場も本当の意味で守られて行くのではないかと思っています。

私たちは“動物プロダクション”として、動物を扱うプロとして
私たちにできる事からはじめて行きます。