限定価格セール! 交換用レンズ Pentax HD HDDA16-85MMF3.5-5.6E【割引サービス不可、取り寄せ品キャンセル返品不可、突然終了欠品あり】 WR DC 16-85mmF3.5-5.6ED PENTAX-DA-カメラ用交換レンズ

TOKU MI17 強力型インパクトレンチ1/2 MI-17【送料無料】京セラ/KYOCERA ねじ切り用ホルダ CINR3025S22(1445189) JAN:4960664043156

限定価格セール! 交換用レンズ Pentax HD HDDA16-85MMF3.5-5.6E【割引サービス不可、取り寄せ品キャンセル返品不可、突然終了欠品あり】 WR DC 16-85mmF3.5-5.6ED PENTAX-DA-カメラ用交換レンズ

Pentax 交換用レンズ HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR HDDA16-85MMF3.5-5.6E【割引サービス不可、取り寄せ品キャンセル返品不可、突然終了欠品あり】

Pentax 交換用レンズ HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR HDDA16-85MMF3.5-5.6E
ペンタックス 交換用レンズ HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

●超広角域から使いやすい望遠域までを1本でカバーできる、35ミリ判換算焦点距離で24.5mm~130mm、倍率約5.3倍のズームレンズです。
●当社独自のHDコーティングを採用し、逆光などの厳しい光源下でもコントラストの高いクリアな描写を実現しています。
●特殊低分散(ED)ガラス使用のレンズによる色収差の補正、非球面レンズの使用による色にじみのを実現しています。
●防滴構造の採用によりアウトドアでの様々な環境下での信頼性、耐久性をています。
●オートフォーカスによるピント合焦後、マニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしで可能です。
●全体の8ヶ所にシーリングを施しレンズ内部に水滴が入りにくい防滴構造を採用しています。
[焦点距離]
16-85mm

[35ミリ判換算焦点距離]
24.5-130mm相当

[開放絞り値]
F3.5-5.6

[最小絞り値]
F22-38

[レンズ構成]
12群16枚

[画角]
83-19°

[マウント]
KAF3

[最短撮影距離]
0.35m

[最大撮影倍率]
0.26倍

[フィルター径]
72mm

[光量調節方式]
完全自動絞り

[絞り羽根枚数]
7枚

[絞りリング]
なし

[三脚座]
なし

[大きさ(最大径×長さ)]
約78mm×約94mm

[質量(重さ)]
約488g (フード付:約517g)

[フード(付属品)]
PH-RBA72

[レンズキャップ(付属品)]
O-LC72

[レンズケース(別売り)]
S90-140
小さなアリから、大きなゾウまで
クリエイターが求める動物たちの動きと姿
私たちは動物を扱うプロとして
Allparts PG-0562-055 ホワイト Pearloid Pickguard for Telecaster (海外取寄せ品) あらゆる映像制作に本物のリアリティを提供します

フェニックスコンタクト Phoenix Contact PC6-16/3-G1F-10.16 ベースストリップ - PC 6-16/ 3-G1F-10,16 - 1999013 50入 PC6163G1F10.16

映像制作用 生体貸出し

映画やドラマ、PVやCM撮影のほかフォトセッションなどあらゆるニーズに対応します。 川島織物セルコン Morris Design Studio ゴールデンリリーマイナー テーブルランナー 30×240Vcm HN1712 【abt-1270550】【APIs】

映像業界を始め有名アミューズメント施設での動物エンターテイメントに至るまで、動物クリエイターとして幅広い活動を展開する動物プロダクション。

幼稚園や小学校、自治体など子供達と動物との触れ合いをサポートする移動動物園。豊かな心を育む「街・人・動物・自然」の架け橋としてサイエンスファクトリーとアニマルプランニングが運営しています。

Alpinestars GP TECH レザーグローブ WHITE-RED-BLACK XL【smtb-s】

映像制作におけるガイドラインについて…

アメリカ映画で、動物を使用している作品の場合「この映画を製作するにあたり
いかなる動物虐待も行われていない」というテロップや「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」などのエンド・クレジットの免責文言を見ることが多いと思います。
アメリカには古くから「動物虐待をしていない」ことを認証するNGOの動物福祉団体が存在し、
動物の取扱いに関する基準や動物の安全使用のためという映像制作におけるガイドラインが存在します。 

これらのシステムが本来の動物を保護するという趣旨に基づいて
本来の役割どおりに完全に機能しているかどうかは定かではありませんが
映像制作の現場に対して何の規制や順守義務も持たない日本の現場よりは動物たちの安全は勿論、
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の立場も本当の意味で守られて行くのではないかと思っています。

私たちは“動物プロダクション”として、動物を扱うプロとして
私たちにできる事からはじめて行きます。