多様な ウレタン製 フロントハーフスポイラー SPORTIVO (H22.11~) ハイウェイスター C26 フロントハーフ【ジアラ】セレナ | セレナ C26-フロントスポイラー

【中古】中古部品 ステップワゴンスパーダ RF8 左フロントストラットASSY 【14646193】オービック 納品書 Y9.5×T4.5 4枚複写 連続用紙 4025 1箱(1000枚)

多様な ウレタン製 フロントハーフスポイラー SPORTIVO (H22.11~) ハイウェイスター C26 フロントハーフ【ジアラ】セレナ | セレナ C26-フロントスポイラー

C26 セレナ | フロントハーフ【ジアラ】セレナ C26 ハイウェイスター (H22.11~) SPORTIVO フロントハーフスポイラー ウレタン製

セレナ C26 ハイウェイスター (H22.11~) SPORTIVO フロントハーフスポイラー ウレタン製
メーカージアラ【GIALLA】
メーカーコード
カテゴリフロントハーフ
適合代表車種C26 セレナ C26 SERENA
H22/11~
※詳細な適合の事前確認はお問い合わせください。
お届け納期メーカー及び商品によって異なる為、お急ぎの方はお問い合わせください。
※ショッピングカート受注後でも納期確認後のキャンセルは可能です。
発送送料お届けの地域によって異なります。目安送料は ¥4,400円(税込) となります。
※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります。ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせください。
商品詳細ウレタン(ブラック)製
未塗装品 (メーカー出荷時)
注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます。カラーが異なる場合もございますのでご注意ください。
※塗装が必要な外装品(エアロパーツ)は特性上下地処理が必要となります。表面の小傷等は不良ではございません。
※商品の装着後(塗装後含)のキャンセルはお受け致しかねます。商品が届きましたら必ず装着前にご確認をお願い致します。
商品タグセレナ C26 ハイウェイスター (H22.11~) SPORTIVO フロントハーフスポイラー ウレタン製 フロントハーフ ジアラ GIALLA C26 セレナ C26 SERENA
詳細は・・・お気軽にお問い合わせください。
関連商品


小さなアリから、大きなゾウまで
クリエイターが求める動物たちの動きと姿
私たちは動物を扱うプロとして

【樹木への取付費込】 カイト バルーン アイボリー 30cm 7.5号 テラコッタ 陶器 丸鉢 植木鉢 ポット

映像制作用 生体貸出し

映画やドラマ、PVやCM撮影のほかフォトセッションなどあらゆるニーズに対応します。 ■サンドビック T-MAXPチップ 3210 3210 10個入 〔品番:DNMG〕[TR-8203768×10]

バッファロー PC4-2400対応260ピン DDR4 SDRAM SO-DIMM 4GB MV-D4N2400-S4G 1枚

舞台演出等 生体貸出し

舞台やイベントでの演出など、動物を使った様々なニーズに対応します。 (さらに…)

演出用 調教訓練

映像やスチール撮影で求められる演出用に、生体の調教訓練を行います。 60/65 ノア | フロントハーフ【エクスクルージブ ゼウス】ノア 後期 ノーマルグレード ( AZR ) GRACE-LINE フロントスポイラー メーカー塗装品

展示・保守管理

イベント展示やアミューズメント施設での常駐など生体の展示管理をサポートします。 GPタイプ ロングアルミビレットレバーセット マットレッド U-KANAYA YZF-R1(04~08年)

映像業界を始め有名アミューズメント施設での動物エンターテイメントに至るまで、動物クリエイターとして幅広い活動を展開する動物プロダクション。

幼稚園や小学校、自治体など子供達と動物との触れ合いをサポートする移動動物園。豊かな心を育む「街・人・動物・自然」の架け橋としてサイエンスファクトリーとアニマルプランニングが運営しています。

キヤノン トナーカートリッジ059H マゼンタ

映像制作におけるガイドラインについて…

アメリカ映画で、動物を使用している作品の場合「この映画を製作するにあたり
いかなる動物虐待も行われていない」というテロップや「この映画の制作にあたり
危害を受けた動物はいません」などのエンド・クレジットの免責文言を見ることが多いと思います。
アメリカには古くから「動物虐待をしていない」ことを認証するNGOの動物福祉団体が存在し、
動物の取扱いに関する基準や動物の安全使用のためという映像制作におけるガイドラインが存在します。 

これらのシステムが本来の動物を保護するという趣旨に基づいて
本来の役割どおりに完全に機能しているかどうかは定かではありませんが
映像制作の現場に対して何の規制や順守義務も持たない日本の現場よりは動物たちの安全は勿論、
動物たちを使おうと考えるメディアの方々の立場も本当の意味で守られて行くのではないかと思っています。

私たちは“動物プロダクション”として、動物を扱うプロとして
私たちにできる事からはじめて行きます。